アイコス(iqos)の修理は、公式メーカー(フィリップモリス)では行っていません。

アイコスの修理をする場合、専門業者に依頼しましょう。

 

▼アイコスの修理をネットで依頼できるサービス

 

 

目次

・アイコスホルダーの修理

・アイコスチャージャーの修理

・アイコスの修理保証サービス

・アイコスの修理の注意点

・アイコスの寿命

 

アイコスのホルダーのバッテリー交換、チャージャーのツメの交換などを依頼することができます。

アイコスの修理は安値なので、新しいアイコス本体を購入するよりも経済的です。

・アイコスのホルダーの修理

ホルダーのバッテリーは1年で寿命を迎えます。

しかし、アイコスの修理業者に依頼すると、バッテリーが生まれ変わり、長く使い続けることができます。

電池切れとなったホルダーをそのまま廃棄せず、修理に出してみてはいかがでしょう。

アイコスホルダー

 

チャージャーでホルダーを充電しても、うまく作動しない場合、バッテリー切れの可能性があります。

アイコスのホルダーは、1年ほどで寿命を迎えます。

バッテリー切れの診断は、アイコス公式サイトで行うこともできます。

 

アイコス公式サイト

https://www.iqos.jp/contact-us.html

 

ページ上部にあるデバイス診断にアクセスして、バッテリー切れに該当するか確認しましょう。

バッテリー切れの場合、ホルダーの修理(電池交換等)で直すことができます。

 

 

・アイコスのチャージャーの修理

アイコスの修理業者では、チャージャーのツメも交換してもらうことができます。

落下などでチャージャーのツメは破損しがちです。

 

アイコスチャージャー

 

ツメ以外が正常に動くのであれば、新品の本体を購入するより、修理にだしましょう。

アイコスの修理はインターネットから依頼することができます。

 

▼アイコスの修理をネットで依頼できるサービス

 

 

・アイコスの修理保証サービス

アイコスの修理業者には、修理保証サービスもあります。

アイコスが今壊れていなくても、長い間使い続けると故障する可能性もあります。

 

そんな先々のトラブルに備えて、修理保証をつけることができます。

アイコスのバッテリーが寿命となった場合、チャージャーのツメが欠けた場合、

アイコスの修理保証をつけておけば、業者さんが対応してくれます。

 

アイコスは本体は高価なので、修理保証をつけておいた方が安心です。

私は、パソコン、車、、エアコンなどの高い買い物をする際、修理保証をつけるようにしています。

アイコスのメーカー保証は、一定の期間で終わってしまいます。

アイコス修理

 

しかし、修理保証を別途でつけておくと、メーカー保証が終了した後でも修理してもらえます。

アイコスの修理を依頼するのと同時に、修理保証をつけておくと安心です。

 

 

・アイコスの修理の注意点

youtubeには、アイコスを修理するために、本体を解体する動画がアップされています。

個人のブログやサイトにも、アイコス修理の解体記事が掲載されています。

しかし、一般ユーザーがアイコスを解体することはオススメしません。

アイコスは精密な電子機器なので、解体時に損傷してしまう恐れがあります。

アイコス解体

 

また、アイコスを修理する際に怪我をする恐れもあるので、個人では行わないようにしましょう。

アイコスを修理したい場合は、専門の修理業者に依頼した方が安全です。

 

 

・アイコスの寿命

アイコスの寿命は、下記のとおりです。

ホルダーの充電回数

7,300回

 

これは、アイコスの公式サイトに掲載されている数値です。

目安として、1日20回使った場合、1年でバッテリー寿命となります。

メーカー保証が最長1年なので、保証期間終了後にバッテリー寿命となる可能性もあります。

メーカー保証が終了すると、交換の依頼をすることができなくなります。

 

アイコスメーカーに電話で問い合わせたところ、保証期間が終了した後は、新品を購入する提案しかしていないそうです。

しかし、専門業者の修理保証をつけておけば、1年が過ぎた後でもバッテリーを交換することができます。

 

▼アイコスの修理保証サービス